ここが変だよ!初代戯画「トランスフォーマー」のツッコミポイント

こんにちは!

トランスフォーマーの初回漫画は、とうにご覧になりましたか?
初回漫画「超ロボット生物 トランスフォーマー」は、今から約30時代前に番組されていた漫画系。
当時はこれが定型だったのかもしれませんが、現在見ると指導どころがたくさんありすぎる漫画です。
今回は、その気質を、さらっとまとめてみました。

・作画ドジは大胆に
この漫画では、毎回どこかで断然、作画ドジが起きています。
スタースクリームという性分が同じディスプレーに2人様いたり、その場にいないはずの性分がいたり・・・。
今では考えられないことですね。
珍しく作画ドジが弱いなと思ってたら、最後の最後にヤバイ作画ドジが待っていたり行う。

・なんかピース
道徳心の「サイバトロン」と悪の「デストロン」が競い合う、というのがこの関連の理念ですが、
何故かそのマッチが平和に伸びるから不思議です。
おや、またやってる。みたいな。
銃は当たらないし、血をみることは決してありません。

・司令官は崖から除ける代物
人間のサポーターで道徳心の戦士「サイバトロン」のリーダー、コンボイ。
亭主は優秀な司令官(のはず)なのですが、しばしば崖から落ちます。
何回も落ちます。崖に自らダイブしたこともあります。
ぐっすり迷走するし、亭主の広告「ぼくにかっこいい意識がある」は、とっくに負け戦フラグ。
でもジム人気の相応しい司令官、か。

・物理家筋は無視する代物
「サイバトロン」の独創で、バーセプターという独創がいる。
亭主は顕微鏡に歪曲設けるが、決して、変形したときのがたいが小さすぎる。
どっさり、顕微鏡の通り走ります。自動車みたいに走ります。ありゃ、顕微鏡って走るものだっけ・・・

他にもツッコミポイントは未だあります。
己観るときも、みんなで見分けるときも、できるだけ指導ながら楽しんでみてくださいね!http://xn--cckel7azaq4d2jpg6ce.biz/